main_vi_lg

main_vi_lg

main_vi_sm

2021.11.12

  • Technic

おやすみ前のとっておき
ハンドケア

-“手もと美人”は夜つくる

意外と見られている「手もと」。手もとの乾燥や肌あれが気になる季節になり、ハンドクリームでのケアが欠かせない方も多いことでしょう。今回は、日中にハンドケアの時間が取れない方にもぜひおすすめしたい、おやすみ前のリラックスタイムにできる簡単ハンドケアをご紹介します。一日の終わりに自分の手を慈しみ、“手もと美人”を目指しましょう。

SHARE

txt_contents1

その乾燥、
ハンドクリームの
塗り残しが一因かも

ハンドクリームの塗り方は人それぞれです。
花王​ビューティリサーチ&クリエーションセンターが​​、ハンドクリームを塗っている様子を観察する調査をしたところ、なんと86%の人の手に、ハンドクリームがついていない部分、つまり「塗り残し」があることがわかりました。
特に塗り残しが多いのは、「爪まわり」「関節」「指の側面」。
ハンドケアをしているのに乾燥や肌あれが気になる、という場合は、塗ったつもりのハンドクリームが、手のすみずみまで行き届いていないことが原因かもしれません。

塗り残しが多く見られた部位

img_01_01__lg

img_01_01__lg

img_01_01__sm

  • ハンドクリーム塗布時の行動観察調査
    2021年8月 20~50代女性 n=57

txt_contents2

動画でレッスン!ハンドクリームの部分ケア

なめらかで美しい手もとをつくるには、塗り残しがないようにハンドクリームをつけることが大切です。ここでは、塗り残しがちな部分に丁寧につけるテクニックをご紹介。一日頑張った手をいたわるように、リラックスした気持ちで、ハンドクリームを手全体になじませたあと、部分ケアを取り入れてみましょう。

 爪まわり 
~やさしく小さく“くるっと塗り”~

よく使う指先・爪まわりは、乾燥して皮膚が硬くなったり、ごわついたりと、乾燥が目立ちやすい部分です。ぜひ丁寧な保湿を。

txt_point_lg

txt_point_lg

txt_point_sm

img_02_01_01

片手のそれぞれの指の爪の根元に、少量のハンドクリームをのせます。
指の腹を爪まわりに密着させ、小さな円を描きながら爪まわりを2~3周してなじませましょう。

 第二関節 
~しわを開いて“うずまき塗り”~

関節部分は、乾燥するとくすんで見えがちです。特にしわが深い第二関節部分は、指を伸ばした状態では、うまくハンドクリームをつけられません。軽く指を曲げ、しわを開くようにしてなじませましょう。

txt_point_lg

txt_point_lg

txt_point_sm

img_02_02_01

片手のそれぞれの指の第二関節に、少量のハンドクリームをのせます。指を軽く曲げてしわを開くようにし、円を描くようにくるくると丁寧になじませます。

 指全体 
~2回にわけて“挟み塗り”~

指は、乾燥によってしわが目立ちやすい部位です。
指全体をムラなくケアするために、1本の指を2回にわけて塗りましょう。

txt_point_lg

txt_point_lg

txt_point_sm

  • spacer

    img_02_03_01

    最初に、指を下から支えるようにして人差し指と親指で挟み、爪先まですべらせます。

  • spacer

    img_02_03_02

    次に側面。指のつけ根の側面を人差し指と親指で挟み、同様に指先まですべらせます。

txt_contents3

美しさに差が出る
アドバイス

ここで3つのアドバイスを。少しの工夫で、ハンドケアが楽しく続けられ、その後の美しさにも差が出ますよ。

txt_point1_lg

txt_point1_lg

txt_point1_sm

手を温める

ハンドクリームでのケアは、手が温かい状態で行うと、クリームののびがよくなります。
体が温かく肌も清潔で柔らかい、入浴後のケアもおすすめです。

  • spacer

    軽くさする

    img_03_01_01

    手を重ねて軽くさすると、手もとが温まります。

  • spacer

    ストレッチをする

    img_03_01_02

    腕を伸ばし、手首と指を反らすように、逆の手で手前にゆっくりと引きましょう。

txt_point2_lg

txt_point2_lg

txt_point2_sm

目につく場所を定位置に

ハンドケアの習慣化には、目につきやすい場所にハンドクリームを置くことも有効です。

ベッドサイドに

img_03_02_01

ベッドサイドをお気に入りのハンドクリームの定位置に。
寝る前のハンドケアが習慣化できますよ。

txt_point3_lg

txt_point3_lg

txt_point3_sm

使い分けて楽しむ

お手入れのモチベーションを高め、気持ちよくハンドケアを続けるために、気分や用途に合わせたアイテムの使い分けもおすすめです。

  • spacer

    香り

    img_03_03_01

    例えば、香りや感触にこだわり、その日の気分に合わせてアイテムを選ぶ。
    好きな香りに包まれ、心地よさを感じながらのケアは格別です。

  • spacer

    ネイルオイル

    img_03_03_02

    爪まわりの乾燥が特に気になるときは、こまめにネイルオイルをつけましょう。

また、シミを気にする方はシミ予防タイプのハンドクリームを使ったり、時にはお気に入りのボディクリームをハンドケアに使うのもよいですね。

  • メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

「手」は、鏡を見なくても自分の目に入ってくるパーツのひとつです。その手もとがうるおってなめらかだと、見るたびに嬉しくなりますね。また、ネイルカラー映えもよく、所作まで上品に映し出します。まさに“手もと美人”。ぜひおやすみ前のハンドケアを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

監修・ヘアメイク:
ビューティリサーチ&クリエーションセンター

SHARE

Page Top