main_vi_lg

main_vi_lg

main_vi_sm

2021.10.20

  • Technic

AUTUMN BASE MAKE

-肌の乾燥が気になるときの
ベースメイク

SHARE

気温が低下し、湿度も低くなるこれからの時期は、乾燥が原因でファンデーションのノリがよくない、粉っぽく浮いて見えるなど、ベースメイクがきれいに仕上がらないことがあります。
今回は、そんなときにおすすめのテクニックをご紹介します。

txt_contents1

メイク前の下準備が
仕上がりを左右

メイク前の下準備は重要です。肌をうるおいで満たして柔らかく整えると、ファンデーションのノリやつきがアップします。
化粧水や乳液などで肌を丁寧に保湿し、整えましょう。時間があるときにはシートマスクや、コットンを使ったローションマスクも効果的。肌にしっかりなじませてからベースメイクに進みます。

txt_contents2

乾燥時のベースメイクテクニック

txt_step1_lg

txt_step1_lg

txt_step1_sm

化粧下地はムラなく

保湿効果の高い化粧下地を、顔全体になじませます。
乾燥やしわのある部分は塗りムラが出やすいので丁寧にのばしましょう。

txt_step2_lg

txt_step2_lg

txt_step2_sm

ファンデーションは
スポンジで

乾燥した肌をこすらず、ファンデーションを手早くつけるには、スポンジ使いがおすすめです。

  • spacer

    img_02_02_01

    ファンデーションを適量、手の甲に広げます。 保湿効果の高いリキッドやクリームタイプがGOOD。

  • spacer

    img_02_02_02

    スポンジの表面に、広くファンデーションを取ることがポイントです。

  • spacer

    img_02_02_03

    目安はこれくらい。肌あたりのよい、面の大きなスポンジを使うことがおすすめです。

txt_step3_lg

txt_step3_lg

txt_step3_sm

顔全体を“ポンポン塗り”

肌に負担をかけないように、スポンジの広い面を使って、ポンポンとつけましょう。

  • spacer

    img_02_03_01

    頬からつけはじめます。
    軽くおさえるように、 力を入れずポンポンと優しくのせていきます。

  • spacer

    img_02_03_03

    最初にスポンジを当てた部分に多くファンデーションがつくので、 顔の外側に向かってのせていくと自然な仕上がりに。

txt_notice

スポンジで強くこすってつけると肌に負担がかかるので、注意しましょう。

img_02_03_03

txt_step4_lg

txt_step4_lg

txt_step4_sm

目もとに丁寧になじませる

目もとは、特に乾燥して小じわが目立ちやすい部分です。うまくファンデーションをのせるには、しわの凹凸をなるべく平らにした状態でつけることがポイントです。
※しわのある部分には、化粧下地をムラなく丁寧につけておきましょう。

  • spacer

    img_02_04_01

    小じわが目立ちやすい目もとにつけるときは、指で目の横を軽く引き上げて肌が少し張った状態になるようにしましょう。

  • spacer

    img_02_04_02

    そのままスポンジに少量のファンデーションを取り、左右になじませます。
    つける量は少なめのほうが、きれいに仕上がります。

仕上げに、お好みでフェイスパウダーを使い肌をおさえます。皮脂分泌の多い額や鼻など、テカリがちな部分にのみ使用するのもよいですね。

ハリ感プラスのテクニック

より仕上がりの美しさを高めるためには、少量のファンデーションをスポンジに取り、頬骨部分に重ねます。 頬骨にツヤが出るため、ハリ感を演出でき、ワンランクアップの仕上がりになります。

  • spacer

    img_02_04_03

    頬骨部分に重ねます。

  • spacer

    img_02_04_04


ベースメイクがきれいに仕上がると、その日は気分よく一日のスタートがきれますよね。つけ方次第でベースメイクの仕上がりはぐっと高まります。今回ご紹介したテクニック をぜひ取り入れて、乾燥が気になる秋冬も、メイクを楽しんでくださいね。

img_03_01.

監修・ヘアメイク:
ビューティリサーチ&クリエーションセンター

SHARE

Page Top