main_vi_lg

main_vi_lg

main_vi_sm

2021.07.08

  • Technic

美肌のための紫外線対策

-コロナ禍における
美肌の守り方

SHARE

太陽がじりじりと照り付ける季節を迎えようとしています。マスク生活での紫外線対策はどうされていますか?
今回は、美肌を守るためのマスク着用時の紫外線対策についてご紹介します。

txt_contents1

油断大敵!マスクで紫外線は遮れません​​

「ちょっと近所に出掛けるくらいなら、すっぴんにマスクで大丈夫!」や、「サングラスや帽子があれば完璧!」と思っている方、意外と多いのではないでしょうか?
下の写真は、紫外線が当たった部分が紫色になる人形を使用して、マスク着用時に紫外線が肌に到達するのかを確認した結果です。紫外線はマスク*1を透過しているのがわかります。
実はマスクで覆われていない肌だけでなく、マスクの下の肌も日やけのリスクがあるのです。
*1:一般的な不織布のマスク

img_01_01

紫外線で肌が紫色になる人形に日やけ止めを塗布せずに一般的な不織布マスクをして紫外線を照射。

img_01_02

帽子、サングラス、マスクのすき間から肌に紫外線が到達していることがわかります。

txt_contents2

日やけ止めをムラなく塗布する新メソッド​​

紫外線が気になる外出時は、マスクをつけるつけないに関わらず、顔全体にムラなくしっかりと日やけ止めを塗布しましょう。
マスクを着用した外出時にも、紫外線からしっかりと肌を守るテクニックをご紹介します。

新メソッド
「らせん&一方向塗り」

塗布方法は、肌にくるくるとなじませる「らせん塗り」や、一方向になじませる「一方向塗り」が一般的ですが、その二つを組み合わせる新メソッド「らせん&一方向塗り」がおすすめです。ムラなく塗り残しなく肌に塗布できます。

img_02_01_lg

img_02_01_lg

img_02_01_sm

日やけ止めがついている部分が黒く見えます(イメージ)
日やけ止め(当社SPF32 PA+++ ミルクタイプ)の塗布状態を花王独自の解析方法*2で確認

*2 紫外線分光画像計測技術

日やけ止めタイプ別
塗り方テクニック

日やけ止めには、 SPFやPAなどの紫外線防御能の違いだけでなく、ミルクやジェル、クリームなどテクスチャーなどの違いもあります。 ここでは、 新メソッド「らせん&一方向塗り」を使った、テクスチャーのタイプ別塗り方テクニックをお伝えします。

ミルクタイプまたはジェルタイプ

img_02_04

伸びがよく、みずみずしい感触やさらっとした仕上がりが特徴です。

両頬、額、鼻、顎に置き、大きならせんを描きながら塗布した後、大きく一方向に伸ばしてなじませると、顔全体にムラなくキレイにのばすことができます。

1. 5点置き
2. 大きいらせん塗り
3. ロングストローク塗り

img_02_06

クリームタイプ

img_02_03

ミルクやジェルタイプに比べると伸びは重めですが肌に密着しやすい特徴があります。

顔の複数個所にクリームを細かく置き、小さならせん塗りをしたあと、すき間を埋めるように一方向に短く伸ばします。

1. 多点置き
2. 小さくらせん塗り
3. ショートストローク塗り

img_02_05

img_02_02

新メソッド「らせん&一方向塗り」で、ミルクタイプ*3の日やけ止めを塗ると、すき間や筋ムラなく顔全体に均一にキレイに伸ばすことができます。
是非、この新メソッドを取り入れてみて下さい。​
*3 当社SPF32 PA+++ ミルクタイプ使用の場合​

txt_contents3

マスクによる「擦れ」や「とれ」への対策​​

新メソッドでしっかり日やけ止めを塗っても、マスクを着用することで蒸れたり、マスクの縁や耳にかけるゴム紐で擦れたりすることで、日やけ止めがとれやすくなっています。

img_03_01_lg

img_03_01_lg

img_03_01_sm

ここでは、マスク着用時でも日やけ止めがとれにくくなる方法をご紹介します。

txt_point1_lg

txt_point1_lg

txt_step1_sm

“クロス塗り” による
日やけ止めの重ね塗り

新メソッドで顔全体に塗ったあと、指の腹を使ってクロスを描くように重ね塗りすると効果的です。

こすれや摩擦に強く、落ちにくい日やけ止めを選ぶのもおすすめです。

txt_point2_lg

txt_point2_lg

txt_step2_sm

擦れやすい部分に
おしろいを

img_03_02

新メソッドで顔全体に塗ったあと、ファンデーションを塗らない時は、擦れやすい部分におしろいを塗布すると効果的です。


美肌の大敵と言われる紫外線は目には見えません。今回は可視化技術を活用しながら、マスク着用時の紫外線対策についてご紹介しました。

紫外線対策だけでなく、帰宅時には日やけ止めをきちんと落とし、化粧水や美容液、乳液等での保湿も忘れないことも大切です。
日々丁寧なケアを心掛けて、美肌を守りましょう!

img_04_01

SHARE

Page Top